お役立ちコラム

2021/04/27 戸建て

【新築コラム】居心地の良い『ダイニング』のつくり方



①ソファと真向かいで一体感を重視‼



キッチンと真向かいの位置にソファを配置すると、家族もお客様も一体となって会話ができるレイアウトになります。



また、小さいお子さんがリビングにいる場合も、目を配れるという安心感があります。



ふわふわラグを敷けば、気軽に床座りもできますね♪



 



②縦長の間取りでダイニングを一番奥に



普通はキッチンの隣にダイニングテーブルを置きますが、あえて窓際をダイニングスペースにして、キッチンとリビングが直線に並んだ"縦長"の間取りにすると、食事の時間のコミュニケーションが増えそうですね♪





 



③独立型リビングで自然に目隠し



キッチンやダイニングの生活感をなるべく見せたくない場合は、ソファを使って空間を区切るレイアウトにすると、リビングのスペースだけ独立する形になるので、ソファに座ったお客様からキッチンやダイニングが目に入る心配がなくなるのでオススメです。



その分ダイニングはプライベート感が増すため、さらに居心地の良い雰囲気に♪



 



 



居心地の良い『ダイニング』だと、毎日の食事が更においしく感じられますよね。



外食、デリバリーではなく!おうちのダイニングでの食事が一番‼だと思える『ダイニング空間』をフラットホームはご提案します。